FX(外国為替保証金取引)で確実収入したい、外国為替で勝ち取る!

FX初心者講座、FXで稼ごう♪

FX.com 〜FXで、必ず1億円にしてやる!〜 > どうなる為替!? > ついに米ドル円91円台突入

どうなる為替!?

ついに米ドル円91円台突入



2009.9現在 週末11日のシドニー外国為替市場の米ドル円相場は、 現地時間午前8時半現在、1米ドル=91円70〜80銭 (前日ニューヨーク午後5時現在は91円68〜78銭)で 取引されており、米ドル全面安の地合いが続いています。



昨日のドル円は、原油や金など商品市場の大幅下落したことから リスク回避の「円買い」が加速し、91円82銭まで暴落しました。



本日の東京タイムでは、ドル買い戻し優勢の展開となり93円台を 回復しています。



商品市場の下落は、米商品先物取引委員会が「商品先物市場での 行き過ぎた投機的取引を規制するために、大口投資家を対象に 持ち高制限を導入することを検討している」と発表したことが 要因でしょう。




11日のNYダウは反発していますが、依然として「8000ドル」台を キープできるかどうかがポイントとなります。



米経済指標は、 9日週間新規失業保険申請件数、10日貿易収支・ミシガン大消費者 信頼感指数などに注目しましょう。



米国以外では、英国の発表に要注意です。



7日に発表された鉱工業 生産・製造業生産高は共に予想を下回る結果となり「ポンド売り」 へと繋がりました。



残る注目指標は、9日貿易収支、10日生産者物 価指数です。



また、9日のBOE政策金利の発表もあり市場では 「据え置き」予想とされています。



昨日(8日)のポンド円は、 リスク回避の「円買い」が強まり一時「600pips」近い下落と なりました。



イタリアで開催されている「G8サミット」では、ロシアが期待し ている新準備通貨の議題は上らなかった模様でありますが、引き 続き要注意です。



ドル円・クロス円は、11日ののパニック的な下落の反動で本日は 「反発」が予想されますが、上値が引き続き重い場合には、 明日以降再度下値を攻める可能性もあるので要注意ですね。