FX(外国為替保証金取引)で確実収入したい、外国為替で勝ち取る!

FX初心者講座、FXで稼ごう♪

FX.com 〜FXで、必ず1億円にしてやる!〜 > 金融サミット > G20はどうなるのか?

金融サミット

G20はどうなるのか?

2009年09月24日から25日にかけて、ピッツバーグでG20金融歳ミットが開催されます。

10月から世界同時大恐慌が始まると予想しますので、9月下旬に開催されるこの会議は大変重要です。

前回のG20金融サミットでは、各国の利害が対立した結果、実効性のない宣言しかできませんでした。

今回、世界各国の市場を移動するホットマネーに対して縛りをかけようとする動きがありますが、 それは実現しないでしょう。

第二次大戦終了直後のアメリカのように、世界各国がルールを守れる状況にないからです。

24-25日に米ピッツバーグで開催される20カ国・地域(G20)首脳会合 (金融サミット)では、国際的な金融取引に税を課す「トービン税」 が協議される見通しで、最終的な声明に盛り込まれる公算が大きいです。

G20関係筋が18日、明らかにした。関係筋の1人はロイターに対し「(トービン税が)真剣に協議され、 (声明で)言及する計画だ」と述べた。

「国際的な金融機関がこれを分析し、 結果をG20の財務相に報告することになる可能性が一番高い」と語りました。

上記の記事のように、トービン税を導入すると決めたとする。

どこの国でもいいが抜け駆けをした場合、どうなるのか?

世界中のマネーがその国に集まり、莫大な利益を得ることは確実です。

イギリスやアメリカをはじめタックスヘイブンにとって、その魅力は絶大です。

武力で有無を言わせずに・・・というわけにはいきません。

今回のG20金融サミットも意見がまとまらず、玉虫色の宣言のみになるでしょう。