FX(外国為替保証金取引)で確実収入したい、外国為替で勝ち取る!

FX初心者講座、FXで稼ごう♪

FX.com 〜FXで、必ず1億円にしてやる!〜 > どうなる為替!?

どうなる為替!?

最近のアメリカ情勢



2009/11/8現在



外務省の日米関係報告では2009年9月に行われた鳩山総理とオバマ大統領との間での日米首脳会談において、金融・世界経済に関し、両首脳は世界経済の回復を確実なものとし、またその持続可能な成長を実現するため、緊密に連携していくことで一致し、また、COP15に向けた国際交渉を進めるために密接に協力していくことで一致した。



と、報告されています。


「最近のアメリカ情勢」詳細はこちら

米ドル円80円割れあるのか!?

米ドル/円は2009年2月以降、現在に至るまで、上限は101.50円レベル、 下限は91.80円レベルの「ボックス相場」を形成しています。

「ボックス相場」における戦い方の原則は、上限のインサイド(内側)で「売り」、 下限のインサイド(内側)で「買い」となり、上限・下限を突き破った時点で、 損切り(ストップ・ロス)となります。

「米ドル円80円割れあるのか!?」詳細はこちら

とうとう米ドル円80円台へ



2009年 9/28現在



【米ドル80円台突入のリスク】



景気底打ち感がでて来たのか、上昇の兆しが見えてきた?



昨年のリーマンショック以降 、世界同時不況に突入し、100年に1度の大恐慌 と言われて から約9か月・・・ 日本では最近になって景気底打ち論が出てきています。



景気底打ち論の理由としては


「とうとう米ドル円80円台へ」詳細はこちら

今後の為替の予測



2009年9/25現在



ガイトナー米財務長官は9月24日、20カ国・地域(G20) 首脳会議(金融サミット)開幕を前に記者会見し、 世界経済の現状について、未曾有の危機発生から1年を 経て「回復の最初の兆しが見えてきた」と述べました。



最悪期を脱して上向きつつあるとの認識を示したのです。



その上で、金融危機の再発防止に向けて、米国が提案 する世界経済の不均衡是正の重要性を強調、G20各国から は「広範な支持を得ている」として、金融サミットで の合意に自信を示しました。


「今後の為替の予測」詳細はこちら

90円割れは、するのか!?



2009年9/25現在 キング英中銀総裁の発言を切っ掛けにポンドが急落し、 あわせてドルストレー トでのドル買い戻しが活発となり クロス円が下落しました。



この先ポンドはさらに売り込 まれるの かどうか注目されますが、週末要因もあり本日 は一旦戻してくるのではと思っています。


「90円割れは、するのか!?」詳細はこちら

ついに米ドル円91円台突入



2009年9/12現在



 



週末11日のシドニー外国為替市場の米ドル円相場は、 現地時間午前8時半現在、1米ドル=91円70〜80銭 (前日ニューヨーク午後5時現在は91円68〜78銭)で 取引されており、米ドル全面安の地合いが続いています。



昨日のドル円は、原油や金など商品市場の大幅下落したことから リスク回避の「円買い」が加速し、91円82銭まで暴落しました。



本日の東京タイムでは、ドル買い戻し優勢の展開となり93円台を 回復しています。


「ついに米ドル円91円台突入」詳細はこちら

ついに米ドル円91円台突入



2009.9現在 週末11日のシドニー外国為替市場の米ドル円相場は、 現地時間午前8時半現在、1米ドル=91円70〜80銭 (前日ニューヨーク午後5時現在は91円68〜78銭)で 取引されており、米ドル全面安の地合いが続いています。



昨日のドル円は、原油や金など商品市場の大幅下落したことから リスク回避の「円買い」が加速し、91円82銭まで暴落しました。



本日の東京タイムでは、ドル買い戻し優勢の展開となり93円台を 回復しています。



商品市場の下落は、米商品先物取引委員会が「商品先物市場での 行き過ぎた投機的取引を規制するために、大口投資家を対象に 持ち高制限を導入することを検討している」と発表したことが 要因でしょう。


「ついに米ドル円91円台突入」詳細はこちら

米ドル/円

ニューヨーク株式市場は31日ダウ平均株価(30種)8776・39ドルで2008年最後の取引を終え、2007年の終値と比べた下落幅が4488・43ドル、下落率33・8%に達しました。 下落幅は過去最大で下落率は大恐慌時代(1931年)以来の77年ぶりの大きさになった。

2009年最初の取引になった2日は、31日の終値より57・19ドル高い8833・58ドルで取引されました。

約2ヶ月ぶりに9000ドル台を回復しました。

「米ドル/円」詳細はこちら

アメリカゼロ金利政策

ゼロ金利政策=日本銀行がコール市場に資金を大量供給し、無担保コール翌日物の金利を史上最低の0.15%(ほぼゼロに近いほど低い状態)金融政策のこと。

金融機関が短期資金を必要とする時、コール市場を利用し、銀行の間でお金を貸し借りすること。

「アメリカゼロ金利政策」詳細はこちら

米ドル88円割れ

アメリカのFRB(中央銀行=米連邦準備制度理事会)は政策金利を大幅に引き下げし、約16年ぶりに日米の金利の差が逆転したことを受けて、ドル売り、円買いの動きが広がり円相場は一時、1ドル88円台後半まで値上がりしました。

ドル売りが広がっている一つは、米の景気の先行きが不安に陥っていると言うのもあるのではないでしょうか。

「米ドル88円割れ」詳細はこちら

米ドル90円割れ

先日、米上院で米自動車大手3社の救済法案が協議決裂の廃案となったことでリスクの回避の動きから円の急騰となってしまいました。

ドル円は91.88から一児88.10と今年の安値を下回り、1955年以来13年ぶりの安値となりました。

「米ドル90円割れ」詳細はこちら

どうなる為替

2008年の株式と為替相場を振り返ってみます。

今年の経済にもっとも影響が多かったのはアメリカのサブプライム問題ではないでしょうか。

皆様が予想されていたより世界経済はとても大きなものだったと言えるのではないでしょうか。

「どうなる為替」詳細はこちら